小さいバイク① SYM RV125i

RV125i:純正オプションのタンデムバックレスト

Rvrest1SYMの純正オプションのラインナップに「RV125i/200i用タンデムバックレスト」が追加されたので、買ってみました。

スポイラー風タンデムバーに穴開けして中間プレートを固定、それを介して取り付ける構造です。(このバックレストが標準の仕向けもあるので、タンデムバー裏側に穴位置のガイドが4か所あります)

加工してみてビックリ。このタンデムバー、アルミかジュラだと思っていたら、ABS樹脂なのね...


Rvrest2装着した印象。

ヒトコトで言って...

ダサい。

オプションで売るにあたって、少しでもライン装着品と差別化を!と考えた結果でしょうが、シート本体と全くテイストが合ってない(私のは旧RV系用シートに換装してるけど、やってなかったにしても全く合わない)し、白のパイピングとカスタムシート風表皮がすんごく安っぽい。極めつけは、質の低いカーボン調塗装!!あっちゃ~、って感じです。中華パーツにはこの手合いが多いんだ。


Rvrest3中間プレートは専用品ですが、幸か不幸かバックレスト本体は旧RV用そのものです。
幸い、旧型用が手元に残っていたので、それに交換。
色気は無くなりましたが、自然な組み合わせにはなりました。タンデムシートに座ってみましたが、良い感じです。もう少し前に付けた方が良いかな?中間プレートには2種類の装着方法が可能みたいなので、後日試してみます。コレやってたら日が暮れちゃいました...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RV125i カスタム② シート交換 追記

Spling私が先の改造に使用したスプリングです。(その辺のホームセンターで入手)
このスプリングの両端をペンチで曲げ直し、その上でシートヒンジのプレート間に挿入しています。

ただ、RVシリーズですが、製造時点ごとにヒンジの形状が微妙に異なるようです。
私の手元にはヒンジが2つあったのですが、片方のヒンジには軸受周辺にこのスプリングを入れるのに十分な隙があり問題ありませんでしたが、もう片方は隙が狭く、スプリングを入れる事ができませんでした。現物合わせで合うスプリングを見つけるか、もしくはヒンジ側を少し加工して隙を確保するかする必要があるかもしれませんヨ。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

RV125i カスタム② シート交換

Sym_seat RV125iのシート、表皮がメッシュ風になっており、見た目は旧型に対してグレードアップしているのですが...座った感じは、明らかにコストダウンされていますな。旧型にはあったバックレストは廃止されているし、なにより座面の皮が常に浮いていて感触が悪いことこの上ありません。

シートベース自体は旧型と全く同じものなので、旧型のシートに替えちゃいました。ヤフオクで中古品が安く出るのを狙ってたんですが...出ず。残念。新品で17,000円ほどです。安くはないが...替える価値あり!断然、コッチが良いです!!現在はタンデム用のバックレストも付けようかと取り付け方法を思案中です。


Sym_spring んで、横開きのRVのシートは、サイドスタンドで車体を立てた状態では自立せず使い勝手が悪いので、ちょっと細工します。

以前乗っていた旧型では、天神川ファクトリー製のダンパーを付けてましたけど、コレって少しダンパーが強過ぎて、シートの先端が浮いちゃうんですなぁ。

なので、今回はDIY店で適当なスプリングを買ってきて、シートヒンジに噛ませてみました。

おぉ、コレで十分!!かなり車体が傾いた状態でもちゃんと自立するし、閉めた状態でも先端を持ち上げるほどの反力は無いのでピッタリ閉まります。かなり絶妙な感じです。ダンパーのように収納スペースを喰うことも無いですし、お値段も総額200円也。コストパフォーマンスも高いですねぇ。

そのうち、クルマ用のLEDルームランプとマグネットスイッチを改造して、トランクルームランプを作ろうとおもいます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

RV125i カスタム① マフラー交換

Rv125i_muffler 全体的に良く出来ている新型RV125iですが、やはり排気音がショボい...別に重低音や爆音である必要は全くないのですが、あまりにも音が軽く、実用車然としています。また、旧型と同じく、抜けがあまりヨロシくないようで(まあ、ノーマルマフラーを比べると、新旧「ほぼ同じ」と言っていいモノですもんね)、高速域で回転の浅いうちから頭打ち感があります。加えて、旧型ではノーマルがステンレスのヒートガード&エンドカバー付でそれなりに頑張って造ってる感があったのですが、新型ではエンドカバーが廃止され、ヒートガードに至っては樹脂製になっちゃって、見栄えがかなり安っぽくなってます。

これでは気持ちが乗ってきませんので、マフラーは社外品に交換することに致します。

...となると、直面するのが、社外パーツの少なさ。選択肢がほとんどありません。あっても、「○○バズーカ」とか、「ビューティ○○」とか、子供じみ過ぎているものばっか。イイ歳したオヤジ(ワタクシ)が使うには赤面するようなものしかありません。

そこで目を付けたのが、BEAMSさんがSYMの日本未発売モデル・GTS125用に出している海外向けの製品です。SYMの水冷エンジンは新旧RVシリーズ・GTSシリーズともにほぼ共通なので、「付く」と見ました。BEAMSさんに問い合わせたところ、ノークレームの前提ながら、快く出して頂けました。感謝!!

結果。
ハイ、付きました!

GTS125はキャブ仕様なので、インジェクションのRV125iに付けるにはエキパイを加工してO2センサーの取り出し口を追加する必要がありましたが、それ以外はポン付けでしたヨ。
このマフラー、音量は控えめながら、結構イイ感じの音質で、性能も満足いくモノ。低速はさほど変わらず、しかし上の伸びは明らかに良化してます。燃費もさほど変わらず。
デザインも子供っぽくなくって◎です。今回はステンの真円サイレンサーを選択しましたが、オーバルタイプでも良かったかな?

加工するアテのある方には、オススメですよ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

SYM RV125i

ドバイに行く前まで、下駄として旧型に当たるRV125JPに乗っていました。

RV125JPは、デザインが野暮ったく、またノーマルでは出足が鈍臭いものの、大柄でタンデムしやすく、また速度が乗ってしまえば安定した巡航ができるモデルで、私は気に入っていました。アレコレ手を入れて通勤にも遊びにも使っていましたヨ。

今回下駄車を買い直すにあたって、台湾ヤマハのシグナスX-FIやBW's-FI、PGOアッローロなどと悩みましたが、どうやら新型RV125iは旧型の弱点(出足トロい、燃費の個体差大きい、車格に対してFR12インチは小さい...等々)が一通り改善されている、という情報をゲット。コイツ=RV125iに決めました。

Rv125i_100123
色はグレーにしました。RV125JPの時は白だったので、今回はあえて白を外しました。赤も良さそうだったんだけどなぁ~黄色(またはオレンジ)が無いのが残念。あれば即決だったのに。

乗ってみると、確かに出足は良くなってるし(駆動系を少しイジったJPと同じくらい走る)、低速の切れ込みも良化してます。燃費も結構良さそう。逆に、悪くなってる部分もチラホラ見えますが、その辺は少しずつ手を入れていきます。

不定期ですが、インプレッションとカスタムレポートをアップしていきます。
(実は...上の写真は、既にシートを改良した後のものです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)