大きいバイク② SRX600

SRX600:車検取得で21年越えに突入

Shaken1超多忙な毎日だけれど何とか休暇をねじ込んで、ユーザー車検に行って来ました。

予報では「朝から雨」だったんだが、奇跡的に昼過ぎまで好天。おかげでトランポセレナの出動なしに車検を取れました。

光軸だけは再検になっちゃったけど、問題なく合格しました。初年度登録が平成2年(’91)なので、21年目に突入です。この車体は途中レーサーになったり、公認改造やったりしているけど、海外に住んでた期間も友人に乗っててもらったので、車検を切ってた期間は1年くらい。実に11回目の車検になります。

しかし、FCR+600エンジン(ちょい改)+WPサス+チタン2本出しでも車検通っちゃうんだからね(もちろん通らないような改造はしてないけど)。最近のライダーは知らないだろうけど、オジサンたちが若かりし頃は、ハンドル替えただけでも車検で撥ねられてたんだよ。いい時代になったねぇ。

光軸修正に車検場そばのテスター屋に飛び込みましたが、職員のお兄ちゃん、SRXに注ぐ視線が「好き者」のそれでした。イイねぇ。

| | コメント (0)

SRX600:ホイールのお色直し その3

ホイールが塗装から戻ってきたので、サクッと組みます。

Img_0371足元が引き締まって、イメージ通りのイイ感じになりました。
しかし、塗装の出来はあまりヨロシクない。特に元々が無塗装の切削仕上げだったリム部は塗装の定着が悪く、ちょっとした刺激で塗膜が剥がれてしまいます。うーむ、下地仕上げに失敗してるかな...まあ、この状態で様子見。

タイヤはα12ではなく、旧タイプのGPR200を選択。この辺は好みの問題。


Img_0363今回は前後ブレーキディスクの新調も同時に敢行。結構、格好良いねscissors


Img_0367コチラはリヤ。

先に同じくペータルディスク化したBanditと同じショップで購入。部品代は前後でジャスト1万円くらいかな?


Img_0359そろそろ車体廻りの部品にも欠品が出始めているので、この機会に劣化が著しい部品を新調しました。

何度処置しても汚く錆びてしまうシフトペダルと、リヤブレーキホースのガイドを新調。部品はまだ出たけれど、まぁ高いこと。


この状態で春待ちします。タイヤの皮剝きにでも行きたかったんだけど、このところ仕事が激しく忙しくて...このところ、週末は決まって寝落ちです。






| | コメント (0)

SRX600:ホイールのお色直し その1

以前から懸案だった、タイヤ・ホイール・ブレーキディスクのリフレッシュにようやく着手しました。

Srx_wheel2タイヤは2004年から履きっ放しのDunlop
Rydeen、当然硬化しちゃってます。

ホイールは3SX/3VN初期型の、スポーク塗装・リム地肌のタイプ。リム表面には粉が吹いちゃって、ブレーキローターはところどころ錆びてて汚い。機能には問題ないけれど、ワタシのSRX、オールペンまでやってる割に、見てくれが今一つ決まらない最大の原因がこの辺りなのですな。

今日まで実に腰が重かったのだけれど、塗装に出すことにしました。


Srx_wheel1サクサクとバラします...
前後ホイールを外した状態でしばらく置いておかねばならんとすると、センスタの無いSRXは「車体をどう自立させるか」という問題がある訳で...レーシングスタンドと馬x2個で固定できたつもりで不用意にホイール抜いたらバランス崩れて倒しそうになり、焦ったヨあせあせ(飛び散る汗)腰が抜けそうになりながらも必死で支え、庭からケータイで嫁さん呼んで助けてもらいましたあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)


Srx_wheel520年超落ちの車体なので当然だが、ゴム系の部品は一通りアウト。ハブダンパーは大丈夫っぽくもあるけど、新品に交換します。
ベアリングは感触からすれば大丈夫そうなんだけど、どうすっかな~。「この際」とは思うんだけど...前回替えたのいつだったか記憶にない...


Srx_wheel4ローターボルトは、錆びてガビガビ。ステンレスの新品に交換します。併せて前後ともウェーブローターに変更予定。
ところで、外したボルト、1本だけ目視で分かるほど曲がってるのがあった。何でだろ??


夕方、塗装屋さんに預けてきましたけど、この季節は「乗らないうちに塗っちゃえ」というお客が多いのか(私もだけど)、2週間強かかるそうな。続報は2月末かな?

| | コメント (0)

SRX600:ハヤシカスタムさんでのメンテ完了

ハヤシカスタムさんにお願いしてあったメンテが完了し、SRXが戻ってきました。

Srx_feb_01今回のメニューは、
・クラッチ交換
・タペット調整
・クランクカバー塗装
・キャブO/H
です。最後のは、ちょっと予定外。納車直前にオーバーフローの症状が出ちゃって。


Srx_feb_03表面の腐食が酷かった両クランクケースカバーは、サンドブラスト処理後に半艶ブラックで塗装してもらいました。もともと、エアクリのカバーやサイドカバーなど、ノーマルだとシルバーだった部分は艶消し黒にカスタムしちゃっていたんで、今回の加工でさらにバランスが良くなりました。エンジン全てが真っ黒じゃないのがミソ。「何かやってる」ぽいでしょ?


Srx_feb_04動作が不調だったデジタルメータは自分で直します。

ハヤシカスタムさんに行く道すがらは、速度計が80km/hを超えると異常値を示してましたけど...帰路は、完全に死亡。
ACEWELL JAPANさんが交換用のセンサーを送って下さっていたので、それに交換。併せ、ヘッドランプケース内の配線系を抜本的に見直します(マルチリクレクタ化したらレンズ体積が大きくなってしまったため、ケース内のスペースがかなりキビシイ)。

40km/h近辺での速度表示がまだ若干不安定で、供給電圧をもう少し安定させる必要は感じますが、まあ実用に耐えるぐらいまでにはなりました。しばらく様子を見ましょう。


その他、燃料系にフィルター追加(FCRのオーバーフロー再発防止)など、マイナーな部分に細かい手を入れて、とりあえず、完成!!!

ハヤシカスタムさんから少しアドバイスを頂いたので、もう少し手を入れるけど...SRXは「弄りを控えて乗りまくりモード」です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

SRX600:冬メンテ(余談あるので話が長いです)

Srx_blue3FCRセッティングもひと段落、パワーアップしたエンジンに合わせる形で2次減速比の最適化とチェーン交換など、ちょこっとリフレッシュした我がSRX。

しかし、まあ21年落ちです。全体のヤレは否めません。
現在も電気式スピード&タコメータなどパーツを発注してますけど(FCRになったら『タコ無し』だと困るようになっちゃったsweat01)、一度全体を通してプロの目で見てもらおう!...ということで、SRX乗りならみんな知ってる(であろう)有名店、厚木の「ハヤシカスタム」にお願いして車両をチェックして頂く事にしました。ハヤシカスタムは以前から知ってはいましたが、お店に伺うのは初めて。楽しみに週末を待ちます...


で、予約していた土曜日。早朝に自宅を出て、保土ヶ谷バイパスでワイドオープン~dash

したトコロ、

80km/h(制限速度ね)でエンジン突然停止!!

ウンともスンとも言わなくなりました。クラッチ切って、惰性で後続車をかわしつつ車線を変更、何とか路肩に停止。交通量が多いトコなんでこっ恥ずかしいが、とにかく何とかせねば帰ることもできません。路肩で外装を引っぺがし、緊急メンテです。
ピストンに穴でも開いたかいな、と心配しつつ。キャブ、OK。燃料、来てる。圧縮、ある(ホッhappy01)。プラグ、火は飛んでる。しかし初爆すら来ません。格闘すること15分...


Srx_vent_2原因判明。
FCRのインテーク側ベントホースの処理が甘く、エキパイに接触して溶けて潰れてました。それで空気が吸えなくなってガスが行かなくなっちゃったのね。

あぁ、単純な整備ミス...後でちゃんと処理しようと思って忘れてました。ホースをカットして開口を確保したらエンジンに火が入りました。


そんな余談もありつつ、ハヤシカスタムに到着。社長の林さんに見て頂きました。
雑誌記事で記憶にある林社長はもう少しお若い感じだったと思ったが...ワタクシが仲間とSRXでレースやってたのより前だから、あれから軽く10年以上は経つのね。そういえば、その頃のハヤシカスタムさんは都内にあったんだったっけか。最近のワタクシは時間の流れが止まってるなぁ...いかんいかん。

気になっているトコロを一通り話させて頂くと、「ちょっと乗せてね」とおっしゃり、社長自らワタクシのSRXで試乗にお出かけに。奥様にコーヒーをごちそうになりつつ待つこと15分。社長のお戻りです。

「年式なりにヤレてはいるけど、特に悪いところはないね。タペットは少し打ってるみたいだけど、腰上は今回は開けなくても大丈夫じゃない?FCRもBOX付としてはまずまずセッティング合ってるよ」良かったsun

ブレーキとタイヤはダメ出しされましたが...私もそう思います。サスセッティングについては、社長さんはフロントの柔らかさが気になるそう。でも意図的にそうしてある事を説明し終了。
結果、年明け早々に改めて、クラッチ廻りの消耗品交換と各種調整、追加でエンジン両サイドのブラスト+黒塗装(どうせケース開けるからね)をお願いすることになりました。

ハヤシカスタムさん、とっても感じが良くて、仕事も緻密な印象でしたヨ。自分でイジる派の方も、時にはプロに見てもらうのも新たな気付きがあってヨイですよ。

さらに余談。
実は、ハヤシカスタムさんに持ち込んだのは想定外だったんです。
ワタクシ、年末に長期海外出張が入っていて、時間があまり取れないので、SRXの整備の手の掛かる部分だけを指定してショップに頼もうと思っていたのです。で、電話を入れたのが、以前から「一度頼んでみたい」と思っていた、こちらもシングルの世界ではかなりの有名店である、越谷の某店。社長はヤマハのOBで、ご本人は知る由もないと思うけど、このお店の前身が都内にあった時の同僚スタッフがワタクシの旧知の知人でかつワタクシのバイクメカ道の師匠の一人。

最初に電話に出たのは、若いメカの方。いろいろ話して、「で、費用のざっくりした感触をお伺いしたいのですが?」と聞いたところ、「お客様はお幾ら位をご希望ですか?」と聞かれました。うーん...長いバイクライフで、この展開になるとロクな事がありません。ワタクシの中で、この切り返しをしてくる店は十中八九「ハズレ」です。なので、嫌な予感を感じつつ、「○○円あたりで収まってくれれば全く問題ないのですが、それ以上となると、上限が想像つかないままでは、お願いするか否かの即答は難しいですね。その上限の勘所をお伺いしたいんですヨ」と回答。

その電話の後ろに店主殿がおられたのですね。そこで突然、問答無用で店主殿にスイッチ。どうも気の短いお方のようです。

そこからが苦痛の始まり。いかにコチラの見立てが素人で、店主殿がプロか、という流れで一方的にまくし立てられてしまいました。若い店員さんに話していた内容なんか8割くらいすっ飛んじゃってます。ちょっとちょっと...「○○円で全部収めてくれ」なんて一言も言ってませんが...むかっ(怒り)それに、言わせて頂けばワタクシも同じような世界で20年以上メシ喰ってるんですけど。全般に決め付けが酷く、「開けてみないと分からない。それが嫌ならウチに頼むな」というトーン一色。話を切り気味に「お願いするかどうか検討します」とコチラから会話を止めましたが、もう気分はドン引き。何もお金を払って不愉快な思いをするこたぁない、この店には今後一切コンタクトしないと決めました。

しばしブルーになりましたが、気を取り直してハヤシカスタムさんにコンタクト。こちらは印象が柔らかく、同じ話の流れでも特におかしな事にならずにトントンと週末伺う事になった、というわけなんです。

最終的に払う額はきっと大差無いのですヨ。でも人と人の取引ですからねぇ。大きな額になればなるほど、気持ち良く払えるかどうかって大きいと思うのですが。直接お会いすればまた印象が違うのかもしれませんが、前者のお店はとにかく電話の印象が悪かった...

お願いして断れなくなる前に「自分には合わないタイプの店だ」と分かっただけラッキーだった、ということにします、ハイ。ワタクシも同じような業種が本業なんで、口のきき方には注意しなくっちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SRX600:FCR装着②

Srx_box1FCR装着の続きです。

SRXのちっちゃなエアクリーナーBOXでは、FCRのパフォーマンスを発揮できません。なので、上半分を盛大に穴開け加工しちゃいます。


Srx_box2エアクリBOXは意外と肉厚があるんで、チマチマ切っていると日が暮れます。なので、ハンダごてを使って、ざっくりと焼き切って行きます。

うおりゃ~


Srx_box3んで、開けた穴の形を適当に整えて...

ラムエアーを押し込んで、完成ですscissors

コレを「エアクリBOX有り」というのか...というと...
言うんです!!
ラムエアーの中のインシュレータの吸い込み口は下を向いており、その下方向にはBOXを残してあります。それだけでも、吸い込み口付近の気圧変動が少なくなるんで、低回転時の安定度合いが違うんですヨ。


Srx_ram2加工が終わったBOXを車体に戻すと...こんな感じです。
インシュレーターの形状の関係から、BOX上面は穴開けせずに残し、両横と後ろに大穴を開けた状態にしました。詰め込んだラムエアーがはみ出さないよう、穴中央には桟状に柱を残しておきました。

ま、タンク乗せたら見えなくなるトコロなんで、こだわりはホドホドに。


Srx_maint1113さっそく近所を試走してみました。

エンジン始動。穴開きとはいえBOX付、FCR特有のカタカタ音はほとんど聞こえません。
中低速は前回とあまり変化なし。ちゃんとトルクも出てます。
では全開域は...

Good!!
前回はふん詰まりで回りませんでしたが、今度は上までキッチリ回ります。
この仕様だと、仮セッティングはそう外れていないみたいです。中速にほんの少し引っ掛かりがあるのと、吹け切り直前で咳き込みっぽい挙動が出るくらいで、現状でも問題なく走ります。

メイン1番上げ、クリップ1段下げくらいでいいんではないかな?セッティングの煮詰めは思ったより少ない回数で終わりそうです。

FCRだと、一気に上まで回り切っちゃいます。レスポンスはノーマルの比でない。ワタクシのSRXはタコメータ無し仕様にしてるんだけど、セッティングが決まるまではタコ無いと...エンジン壊すかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SRX600:FCR装着①

Srx_fcr2倉庫で5年ほど眠っていたFCR35を引っ張り出し、装着してみました。
5年ほど前に一度だけパワフィル仕様で装着したことがあるのですが、パワーは出るがゴリゴリ感が強く、またFCR独特の吸気音が大き過ぎて私の好みには合いませんでした。今回はビトーR&D製のエアクリーナーBOXジョイントを導入、BOX有り前提で再挑戦です。


初期設定は、MJ=#145/PJ=#50/MAJ=#200/AJS1+1/2回転戻し/PS1回転戻し/ニードル=0CEMR・クリップ5/7でセッティングスタート。

FCRにはチョークが無いので、スロットルを2回ほどシュッシュッと煽り、加速ポンプでシリンダー内にガスを送り込む、というFCR独特の儀式をやって、セルボタンをプッシュ。エンジンはあっけなく始動しました。アイドリングは安定してるし、エアクリーナーBOXアリ仕様なので吸気音も普通。黙ってればFCR付だと思われないくらいです。軽く煽ってみてもエンジンはスムーズに反応します。まずは第一関門を突破です。

自宅から大通りに向かいます。おぉ!ボアアップでもしたかのようなトルク!過渡特性もOK。第二関門もクリア。ちょっとヘルメットの中でニヤついてしまいました。コレは、私にしては珍しく仮セッティングがビンゴかも。

で、大通りに出ます。いつもセッティングチェックに使っているココは道幅が広く、また信号で交通が適度にカットされるので、赤信号で先頭にさえ出てしまえば全開加速ができます。んじゃ、全開~ダッシュ(走り出す様)

ガボガボガボガボガボ...

走りませんげっそり濃すぎです。

負け惜しみチックですが、まあ予想通り。SRXのエアクリーナーBOXは容量が小さいので、FCRのような高効率キャブだとセッティングが出ないのですよ。だから前回はクリーナーBOX無しのパワフィル仕様にしていたのです。

まあ、
1/2開度までは何ら問題なく、パワーもトルクも出ているので、PJ・PAJ・ニードル系は合っている模様。

さて今後の課題。
このままMJを絞り方向でセットアップするか、BOX加工してエア量を増やすか?前者だとFCR入れた意味が薄いので、後者で行こうと思います。次回は穴開け加工BOX+クリーナーをラムエアーに置き換えでセッティングを進めます。週末しかやれませんけど、11月中には終わらせたいですな。セッティングノート作らないと。

次回はエアクリーナーBOX加工の様子を紹介します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FCRに再挑戦

Fcr外装リフレッシュが一段落したので、キャブを交換します。
倉庫から冬眠中のFCR35を引っ張り出してきました。コレ、5年以上前に中古で入手し、一度装着するもセッティングが面倒で、それっきり眠らせてあったものです。今度はしっかり煮詰めたいと思います。

FCRは直キャブだと浮動バルブのカタカタ音が煩いんで、エアクリBOX残し+穴開け&ラムエア充填で行きます。現在、ビトーR&D製のエアクリBOXアダプターを発注・納品待ち中です。

セッティングはとりあえず、MJ=#145/PJ=#50/MAJ=#200/PS・AJSともに1+1/2戻し/ニードル=0CEMR・クリップ5/7。過去のK&Nパワフィル仕様よりも薄めで、ココから再スタートです。

写真奥は頂きモノのFCR33。コレはSRXの次にDRに...うっしっし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SRX600:オールペイント

ワタシのSRXは、96年頃から乗っていますので、私の手元で実働15年。車体は90年型ですので、もう21年落ちになります。

私の手元に来た時は「盗難出戻り車」でして、まあ人様のバイクをよくもこんな状態に...てな感じでした。ですので、レストアついでに全塗装していたのです。それが、前の記事の「シャンパンゴールド×ブラック」でした。まずワタシの自家塗装で1年、その後プロの手で同じ色に塗ってもらって14年使ってました。

その塗装はさすがプロ、14年使っても良好な状態を保っていたのですが、タンクの中がもう錆びてボロボロに...整備中に誤ってつけた小傷も増えてきたので、一念発起、今回錆取りと同時に15年ぶりのカラーチェンジを敢行しました!SRXにはまだまだ走ってもらうんですから、多少の出費は今回はヨシとしましょう。

Srx_blue1_mini前回は「シックな大人のSRX」をコンセプトにしましたが、今回はイメージの変わりっぷりを重視。鮮やかなブルーマイカにパールホワイトのコブララインとしました。ヤマハワークスのロイヤルブルー+ストロボとは違う方向を意識して狙いました。

なぜ青か?というと、実はもう一つ理由が...
モビスターカラーに塗ってあったGSX-Rに合わせて、メットや装備品がみ~んな青だから、だったりもする...GSX-Rを手放すのはホント想定外だったので(泣)。


Srx_blue3_miniコチラはリヤビュー。
コブララインはフロントフェンダー~タンク~テールカウルと全体に通してあります。

Ⅳ型SRXの弱点である3分割シートカウルはABS溶着処理を施し、一体モノに改めてあります。そうしないと、分割線がビジーになってしまうので。

ホイールがノーマルなのはご愛嬌。そのうち黒に塗ります。


Srx_blue2_miniタンクのアップ。
ロゴは、最近の流行である音叉マークのみではなく、敢えて文字ロゴ。その方が色が映えるので。ただ、白ベタだと安っぽくなるので、中抜き文字にしてあります。


Srx_blue5_miniタンク上面。
乗ってて一番目に入るのがココなので、一番力を入れてある部分です。
白と青の境目には極細のシルバーのピンを塗装で出してもらっています。塗装屋の社長殿にも「...塗り?」と聞かれましたが、貼りで段差が出ちゃうと興醒めじゃないですかぁsweat01


Srx_blue4_miniリヤ全景です。
なかなかでしょ?

(こうして見ると、サイレンサーがえらく開いてるsweat01これくらい振らないとスイングアームを削っちゃうんで...)


Srx_blue10_miniSRXロゴもイラストレータで起こしたデータを送って作ってもらいました。
いや、ココくらいは純正ステッカーでもよかったのですが、何とメーカー欠品...「20年落ち」という現実を思い知らされる出来事でしたよsweat02


Srx_blue9_mini塗装とは違いますが、電装品も今回の色替えに合わせて変更。
ヘッドランプをPIAA製のLEDイカリング付マルチリフレクターに変更。ウインカーもSRXの代名詞であるメッキから黒のLEDに変更しました。顔の印象がずいぶん変わりますヨ。
イカリングはバ○っぽいけど、今回は「やんちゃ」な方向でまとめてみました。


Srx_blue8_miniコチラはリヤ。
過去の記事で紹介した、バンコクで購入したLEDテール+LEDウインカーです。ちなみにショートフェンダーは愛知県のSRX/TRXプロショップ・THE SIMPLE製です。


今回の塗装をお願いしたのは、愛知県岡崎市の「MOTO CRAFT」です。
ワタシは90年~95年の間、愛知県に住んでいまして、MOTO CRAFTさんとはその頃からのお付き合いです。塗装だけじゃなく板金やABS補修など、外装品全般の相談に乗って下さってます。新品部品の入手が困難なバイクにお乗りの方にはおススメのお店ですよ。
http://www.motocraft.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SRXのカスタム:現在までのまとめ

Srx_black7このSRXは、上京したての時に、知人の紹介でワインと交換してもらった盗難出戻り車がベースです。ですから、'96年くらいかな?
その後、友人たちと筑波のBOTTに3台体制で数年参加(ワタシはライダーではなくメカ)、レースを止めた後に大量に手元に残った部品で組み直したのが現在の姿です。

今、一番頻繁に乗ってるのがコイツですね。楽しいもの!


Srx_black6マフラーはOVERのチタン(集合部から後ろだけね)+TRX850用JMCAサイレンサーの組み合わせで2本出しにしています。後はFキャリパーをブレンボ4potにして、リヤサスをWP製に替えてるくらいです。FCRはセッティングが上手く出ず、現在はノーマルキャブに小細工したものに戻してあります。
タンデムステップは...タイで買ってきた正体不明のアルミステップを無理付け。


Srx_black5 性能にあまり走らない分、今は外観のカスタムで遊んでいます。
外装はシャンパンゴールドに黒のコブララインとし、全体にはゴールドとブラックでコントラストを出してます。
トップブリッジ、サイドカバーとスイングアームは黒のアルマイト、その他、エアクリーナーBOX横の化粧版など樹脂部品は艶消し黒で合わせています。シートもカーボンブラックで張り直しました。


Srx_black15 トップブリッジ、黒一色では味気無いので、ビトロの音叉マークを置いてみました。結構気に入ってます。(でも、このビトロマーク、値段高過ぎです!ヤマハさん!!)

メーターパネルのカーボンカバーとリヤのショートフェンダーは愛知のTHE SIMPLE製です。


Srx_black4 3VN/3SXは、このアングルが一番かな?
ヘッドランプ以外の灯火類は全てLED化。ワタクシのカスタムは「安く仕上げる」のがモットーなので、この手のパーツ類はタイ製や台湾製を多用してます。年に数回、買出しを兼ねてバンコクに行くのが恒例行事になりつつあります...


こんな感じで遊んでます。
次回から、全体のインプレや、各カスタム部位の紹介などをちびちびアップしてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧