バイクのこと全般

冬眠中

 

Photo141207_2
寒さに加えて、五十肩で右腕が水平以上に上がらなくなったんで、今年はいつもより早いですが冬眠に入りました。皆さん、来春までごきげんよう...

| | コメント (0)

春待ち中にやっている事まとめ

実に久しぶりの更新です。

右目の内転神経麻痺を発症して1年、目の不具合はほぼ解消しましたが、歳相応の不調というか高血圧症を継続して治療中です。なかなか下がらなくて苦戦中ですが、春までには何とか...
バイクの方も時間と体調が許す限りは乗っています。
乗ってる頻度では、Ducati M696> Buell XB12R> Suz Bandit1200Sの順でしょうか?

Banana 久しぶりにココを更新するので、今回は話が発散しないようBanditの話に限定しますが...13年目の今は、冬のうちにと、各部位をO/H中。写真は浜松のBabana SHOXにお願いしたノーマルサス・OHLINSもどきです。サス&タイヤで激変しました(というか、本来あるべき状態に戻った)。

お恥ずかしい話、80年代ライダーの私は最近まで「リヤタイヤを潰して乗る感覚」がよく分かっていませんでした。サイドウォールが柔らかい現代のラジアルタイヤでその感覚を遅まきながら理解できてからは、乗り方もかなり変わりました。その過程でヘタったサスが我慢ならなくなってO/H、という訳です。まずは最も乗りやすいBanditで新しい乗り方を試し、会得できたらBuellとDucatiでも試す、という楽しみ方をしています。

車体姿勢が本来の状態に戻ったのに併せてポジションを再点検、ハンドルを他社品に再度交換。現在は汚いホイールを再塗装に出して完成を待っているところです。ステンレスのはずなのに何故か錆びる中華なウェーブディスクローターに代えてサンスターの新品を入手済。春には足まわりがピカピカの状態にできそうです。

革パンも痩せること前提で今よりも細身のものを調達したので、春までにもうひと絞りします。

| | コメント (0)

リハビリライディング:週末の朝練

Asaren11月中旬になって、フルフェイスでも半日くらいなら大丈夫っぽくなってきましたので、天気が良ければ土曜日に箱根~伊豆方面へ「朝練」に行ってます。

ビューエルで(ちょっと苦手な)椿ライン周辺、Banditで西伊豆方面、M696で湘南方面...と走り回っていますと、少しずつですが勘が戻ってきたのかな?始めは特に右旋回が自覚できるほど変で、事実タイヤも右側はあまり使えていませんでした。が、先週からはほぼ、左右で同じような感覚で旋回できています。タイヤのアマリングも左右で均等、10mm弱。行こうと思えばタイヤエンドまで行けますが、今はまだ病み上がりなので、安全マージンを意識して取ってます(ということにしておく)。


こうやってとっかえひっかえ乗ってみると、改めて感心するのが国産車の乗りやすさ
私のBandit1200Sは2001年式で、実にもう12年落ち。日々の整備はちゃんとやっていますけど、実はリヤサスがもうご臨終近いのです。そんな状態でも、山道でペースが上がれば上がるほど、一番乗りやすいのがBanditなのですよ。面白いのはM696やBuell...と言いたいところですが、高速域での油冷4発はまた格別だったりしますし。だからBanditは手放せないんですよね。


という訳で、再び乗れるようになってくると、特にBanditをもう少し良くしたい気になってきまして...
シートをサクッと張り替え、ヘタりが目立つインナーカウル~メーターカバーを新品発注。来週末はリヤ廻りを分解清掃して、ノーマルサスはO/Hに出そうと思います。

| | コメント (0)

10月時点の体調

ブログ休止中にコメントを頂いた方々、お返事コメントできず申し訳ありませんでした。

夏を過ぎた辺りから、短時間であれば乗っていられる位まで回復しました。そうは言っても、不意に右目の調子が悪くなることがまだあるために、以前のように休みのたびに軽く走りに行く、というような生活パターンではなくなってしまっています。いわゆる「ライダースイッチが入らない状態」です。

どうやら、私の現在の症状は、主に高血圧症と副鼻腔炎による右目の内転神経圧迫が主な原因らしいです。私の場合、右目が「見えなくなる」のではなく、「見えているんだけれど右目の動きが悪いために両目の焦点が合わなくなる」のです。症状が出ている時は、動かない右目は使わないようにする=軽く右目をしかめて、完全につぶっていないにしても右目はあまり使っていない状態にするのが習慣になってしまってます。おかげで眉間のしわが取れなくなってしまった...会社で顔をしかめている時、実はたいてい右目が見えてません。

この症状、フルフェイスのヘルメットを長時間被っているとよく出ます。どうやら、右の眼窩下~頬のあたりを圧迫するのが良くない模様。

Jetそこで、このところは主にジェットヘルを使っています。
先日、片道2時間程度のツーリングに出てみましたが、右目の不具合は終日出ず。
しかし、やっぱりヘルメットはフルフェイスが良いなぁ。


体調がすぐれない今は軽いバイク&乗りやすいバイクが良いです。
我が家の持ち駒では、今はMonster696 > Bandit1200S > XB12R かな?ビューエルは半病人には少々ツラいです。

| | コメント (4)

しばらく閉めます。ごきげんよう~

春先から右目に問題を抱えています。

投薬のおかげか一旦は良化したのですが、GW明けから再び視野が欠ける症状が散発しています。通院はしていますが、状態が思わしくありません。
この症状、出ない時は出ないのですが、出る時は前触れ無しにいきなりそうなってしまいます。
このままでは危なくて乗っていられないので、治るまでの間はバイク自粛です。

症状が落ち着くまでは、更新もお休みします。

| | コメント (2)

HD XR1200

Xr1200今週末は天気が悪いので、バイクには乗れない...んで、クルマでバイク屋を冷やかしに行ってきました。

そしたらですね、写真のバイクそのものではないんですが、同じSOXの系列店で程度極上・走行極小のハーレーXR1200を発見。お値段を書くのは控えますが、かなり安いです。

うーむ。3年前の、ビューエル買った時に同じようなタマがあったら買っていたかも。
しかし、現在は食指が動きません。乗ってる方、ごめんなさいね。

XR1200は北米よりも欧州市場を意識して開発されたモデルと言われており、エンジンはビューエルXBの設計や思想を逆導入してベースであるスポスタ系よりも快活なキャラクターになっています。それでも、現在の私の選び方に照らすと...デカくて重過ぎるのですよ!乾燥で260kg以上!!私のビューエルXB12Rと比べると、実に90kg重い

ツインエンジンでスポーツ走りを堪能させようとするのであれば、作り手はやはり「いかに車体を小さく軽く収めるか」に腐心するのが真っ当なアプローチではないか?と思うのです。その尺度に当てはめると、このXR1200はどこに行こうとしているモデルなのかが良くわからない、というのが私の印象なのです。コンセプトのモチーフになっている、オリジナルのXR750がまさにそういうバイク(パワフルエンジン+軽量コンパクト車体)であるだけに。
食わず嫌いせず乗ってみては?と確かに思うのですが、3年前のビューエル購入検討時、店頭でXRに跨ってみただけでずっしり重く、「実際に走り出してみたい」という衝動を全く感じませんでした。これなら、絶対に、既存のスポスタ883/1200の方がイイ!と思います。

そんなんなので、当たり前ですけどバイクの商談など一切せず、ヘルメットの新調だけして帰ってきました。新しいメットの話は、また後日。

現在のラインナップ(ビューエルXB・ドカM696・バンディット1200S)には十分に満足しているので、向こう数年間は入れ替えなし...と思っていますが、程度良好なビューエルS1とかあったらXB12Rからは乗り換えちゃうかも!(こういう妄想は楽しい)

| | コメント (0)

いまだ闘病中

BikesM696もXB12Rも、即走り出せる状態にはあるのですが...
ライダーの方はまだ回復に至っていません。

脳MRIの結果、軽い脳梗塞と血栓が見つかりました。かなりショック。しかし、これは1年ほど経過したもので、今回の不調の原因ではないそうです。
その他、細かい検査を受けましたが、糖尿病・感染症ともに数値上は問題なし。血圧と中性脂肪値はNGで、特に血圧の方を原因とみて治療を受けています。

右目の外転神経麻痺はかなり良化し、正面であれば像が二重に見える症状は軽減しました。しかし、軽い眼底痛が常時あり、夕方以降は右目の視力が落ちてしまいます。

眼底痛がある状態ではヘルメットを長時間被っているのが厳しい...それ以前に、速い動きにはまだ目がついて行きません。良くはなってきているので、医師の処方通りに服薬しながら、もう少し辛抱することにします。

まあ、GWまでには、ツーリングに出れるくらいまで回復するでしょう、きっと!

この週末はXB12Rのポジション改変をチマチマやってました。この写真で分かるかな...?XB12Rのカウルを改変しない前提ではもう一杯までアップライトなポジションにしてみました。試乗は目の調子が戻ってからです。

| | コメント (2)

乗れなくなりました

どうやら、しばらくの間はオートバイに乗ることができません。

今週の前半、仕事中に強い頭痛があり、それでも慢性的な偏頭痛持ちの私の場合「いつものこと」で済ませていたのですが、今回は痛みが引いた後にモノが常に二重に見えるようになってしまいました。向かって左側が特に深刻です。混雑した駅のホームで人とすれ違うのにすらも神経を遣う状況に陥ってしまいました。

Doubleこればっかりは写真に撮ることができませんけど...冗談抜きで、今の私にはこんな感じに見えてます。
少し乗ってみましたが、ムリムリ!正面を向いていても、遠くにいる先行車が1車線分くらいぶれて見えるので、怖くてペースを上げられません。片目をつぶれば多少マシになりますが、視野は狭くなるし、遠近感がゼロになっちゃう。事故を起こして他人に迷惑を掛ける訳には絶対にいかないので、運転自粛としました。


妻にも強く勧められて、本日病院に行って来ました。 診断の結果は...右目の「外転神経麻痺」だそうです。 調べてみたところ、症状自体はそう珍しいものではないらしいのですが、語られている原因の多くが脳腫瘍だったり血溜・血栓だったりと物騒なものばかり。医師によると緑内障の初期や糖尿でも起こる症状なのだそうで、私のがどのケースかはまだ分かりませんが、穏やかではありません。

即日検査の結果、今日の時点でそう深刻な要因は無さそうだというので、服薬しながら数日間経過を見ることになりましたが、いずれにしても1週間以内に良化が見られない場合は即、大きな病院へ移ってCT検査だそうです。

この外転神経麻痺ですが、完治するまで早くても3か月ほど、長いケースだと1年近くかかるとか。 特に痛みなどはないのですが、日常生活ではしばらく、右目を眼帯で覆って片目で生活することになりそうです。

最大のストレス発散手段であるバイクに乗れないのが正直とても辛いです。早く治るよう、頑張って養生します。
このブログでは、またしばらくの間、乗らずにイジるネタだけを扱うことになりそうです...

| | コメント (0)

新顔が我がガレージに加わります。

頭の怪我ですが、ようやくヘルメットを長時間かぶっていられるくらいまで回復してきました。気持ちの落ち込みも少し整理がつき、ちょっとはバイク趣味に時間を割く気になったので、昨年夏から頓挫中の「持ち駒整理」を進めることに。

長年乗った愛車SRXを悩んだ末に放出し、現在の持ち駒(大きいの限定)はBuell XB12RとスズキBandit1200Sの2台です。

Buell XB12Rは楽しいバイクなんだが信頼性がちょっとアレで、気負わず下駄的に乗れるのはBanditの方。しかし両方とも排気量が1,200ccもある。
気楽に遊べる軽量ミドルレンジのバイクが欲しい!というわけで、「SRXの後釜」をテーマに秋頃から検討していました。
そこに来て、最近の円安・ユーロ高。
輸入車はおそらく現在の価格が「底」です。そろそろ決めないと!

ということで、候補を改めて整理します。
ここ数年、オヤジになった私が必ず最初に見るのは「車重」です。重たいのは、絶対ダメ。少々出力が低くても、軽いバイクの方が絶対に楽しい。加えてサイズがコンパクトなら言うことなしです。

Er6n①カワサキ ER6n(12MY~)
スタイリングが私の「ツボ」で、興味大だったのですが(話をしてみた周囲の知人からは、ほぼ全員から全否定sweat01)...コレ、乾燥重量200kgあるのね。初期型はもっと軽かったのに、ちょっと残念。タマが少ないのもあって、高い。80万円近く突っ込む素材ではないんで、パスかな。よっぽど安い中古のタマに巡り会えれば再考。


Ninja250②カワサキ Ninja250(13MY)
秋頃に検討していた時点での本命。
2月1日発売に決まったようです。価格はコミコミ60万円ちょっと~との話。
雑誌記事など見る限り、出来は良さそうだ...
ちょっと気になるのは、出力31ps/重量172~174kgというスペック。ホンダCBR250Rよりはマシだけど、数字だけ見るとフラストレーションが溜まりそう...
なお、時間差でネイキッドモデルの投入もある模様。


Duke390_1③KTM Duke390(13MY)
生産国であるインドでは発売済の、Duke125/200の兄弟車。日本での発売は3月頃だそう。
Duke690の方からのダウングレード車ではない点がミソ。恐らくは140kg台の軽量な車体に44HPのエンジンを積んでくる。重量とE/GのバランスからするとDR-Z400に近いか。結構面白そう。デザインは悪くないんだけど、KTMのこのシリーズはタンクのデカールがとにかくダサい。価格は未公表だけど、200の価格から想像するに、恐らくNinja250と同じくらいか。
日本メーカーは「単気筒車は排ガス規制対応が困難」だと言って、このカテゴリーから続々撤退してるけど、欧州車には今も結構あるんだよね。そもそも、ヤマハMT-03がちゃんとしてればとっくに買ってた。アレは燃料噴射が最後までダメダメで自然消滅してしまった...


M696_2012④DUCATI Monster 696 (2010~)
実は9月末に一度買いそうになった。秋口に2008モデルの中古車が大量に出回り、そのうちの何台かを買う気満々で見てました。が、初期モデルの日本向には燃調面に若干の問題があり(全般に薄いんで、それに起因する熱系の問題が出る)、またポジションもちと特殊。それらに改良が入った10MY以降だと、ミニカウル&シートカウル付の「696+」がカタログ落ちし、ABSモデルも選べなくなる。まあ、秋の時点で割安感があったのは初期の08年式くらいで、それ以外はまだ高かった。どうせソコソコの金を出すなら上位の796?という色気も出たりで、何をしたいのか自分でも分からなくなってきたんで検討中止とした経緯あり。
跨がると分かるけど、あのコンパクトさ・軽快さは超魅力。


この週末、いよいよカワサキNinja250の試乗車が店舗に入るらしいというので、妻と一緒にショップに行って来ました。

そしたら、

DUCATI M696 2012モデル 低走行車 検付65万円」を発見。

話を聞くと、元試乗車だそう。2013モデルはフレームの塗色変更でイメージが大きく変わるので急遽入れ替えとなったか?右に軽い転倒痕があるも、コンディションは良好。
急な話だったので値段はあまり真剣に考えずに付けたそうで、今考えると正直原価割れだとか。その辺は眉唾だけど、確かに12MYはこんな安値では普通出ない...他店の08MYより全然安いです。

コチラはNinja250を冷やかしに行く途中。何か下取りに出すか?など含めて、まだ真剣にプランを立てていない。そういう話を店のスタッフに話し、明日また改めて伺うことにしようとしたところ、

「お客様のすぐ後に別の方の来店予約が入っています」だそうで。

...

買っちゃいました。2月1日に納車です。
Ninja250・Duke390と今回のドカ696、金額的にはほぼ一緒。まあ、巡り合わせとはこういうモノです。9月に検討していた候補よりも4年式新しい・走行距離ももっと少ない上物を、9月時点より20万ほど安く買えた勘定になります。

しばらく乗ってみて、もしBuellとキャラが被るようなら再整理を考えますが、その時点で転売しても損はそう出ないでしょうから、今回はこれでヨシとします。

妻は「ホントにキレイなバイクだよねぇ~。観賞用にはコレが一番イイんじゃない?」と言ってました。そうだね。でも、盆栽にしないで乗りますヨ。

| | コメント (0)

訳あって冬眠中

冬の札幌で歩行中に凍結路で滑って転倒、頭を強打してしまい...死にはしませんでしたが、でっかいタンコブを作って戻ってきました。

コレが治らないとヘルメットを被れませんので、バイクはしばらくお休みしています。Buellはバッテリーが上がってしまってるし...早く復帰したい、とは思っています。

Bws持ち駒の入れ替えはちゃっかり進行中です。

コチラは我が家で初めて妻との共同所有バイクとなるBW's125Xです。ヤマハワークスカラーっぽく自作のストロボラインを貼ってみたり、HID入れてみたり、マフラーを替えてみたり、ちょこちょこ遊んでます。
現在、妻は小型二輪免許を取得すべく教習所に通っています。がんばれよ~。春までには取ってくれ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧