« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

Buell XB12R:リヤブレーキを改変する その4

頼んでいたステップキットが届いたので、早速組んでみました。

Dazstep1今回購入したのは、今やビューエル用パーツの駆け込み寺的な存在?DAZ MOVEMENTさんの商品です。
いやぁ、安いです!届いた商品には何か所かに製造時か運送時のものと思われるごく細かい傷がありましたが、ステップなんて使っているうちに絶対に傷がつくものなので問題ありません。それを差し引いても、この価格でこれだけの商品が買えるのは驚き!というくらい、お買い得感があります。
生産国はどこなのだろう??私もバンコクや台湾でよくパーツ買い出しツアーやってますけど、あちら製によく見られる造りの雑さは感じません。ただ、海外製品にはありがちなんだけど、説明書はいただけない...パズルの予感。まあ現物合わせでのんびり組みます。

Dazstep2サクッと組み込み。組んでみたら案外簡単でした。左側はネジ穴が切れきれていなかったのでタップで修正しましたが、手直しが要ったのはそれくらい。
ノーマルステップに組んでいたブレンボマスターは、このステップに合わせるには追い加工が必要だったんで、一旦ノーマルマスターに戻しました。

格好良いですよ~。パッと見の質感はかなり高いです。

Dazstep3問題点も無くはない...
まず右側。一番気にしていたブレーキ。
レバー比はノーマルよりも小さいので、タッチの劇的な改善を期待しましたが、踏んだ感じは悪くないが、極端に短いストロークはあまり変わらず。ただ、ペダルのサイズはノーマルの比でない大きさなので、踏みやすいのは踏みやすいです。ブレーキタッチの改善策は、このステップをベースにもう一回考えます。
難点はステップ長。うーん、短い!好みの問題ではあるが、あと10㎜くらい欲しいです。

Dazstep4ステップが短いのでノーマル時よりも内側を意識して踏むことになるんですが、一方でマスターがステップの外側に来るレイアウトのため、ヒールプレートは右側のみ10㎜外にオフセットされて付きます。これが乗ってみると結構な段差で、くるぶしに少し当たります。革ブーツだと傷が付くかも。

Dazstep5こちらは左側。
これはDAZさんステップの問題ではなくてビューエルXBの問題なのだけど、シフトペダルはピボットがステッププレートではなくてケースにマウントされる関係で、ステップとペダルの位置関係が写真のようになってしまいます。ステップが短いんで、ペダルがステップよりも外に出てしまう。
これではペダル操作時に足をステップ端からはみ出させる事になるんで使いづらいし、車体を倒すと最初にペダル端が接地してしまって折れる&ケースに傷をつけてしまいます。こっち側は20㎜くらい出さないとダメだ。

この値段で見栄えがかなり良く、ペダル類もかっちりした造りで、上下3段階・前後3段階にポジションが可変できて、さらにもう少し追い加工して遊ぶ余地もありそうなDAZさんのステップ。結構お勧めな感じですが、多少は自分で加工や手直しができる人向けでしょうかね。
私の場合は
・右側10mm/左側20㎜ ステップ延長(ピッタリサイズの市販カラーがなかったのでワンオフカラー発注しました)
・右側ヒールプレート追い込み(2㎜が限界っぽいけど、やらないよりは良い)
で行ってみます。
せっかく買ったブレンボ1/2マスターも、無駄にならないように使いたいんで、そのうちまたプッシュロッド作りますか。

※追記 次の記事で書きますが、ステップは結局左右とも20㎜延長しました。

| | コメント (0)

Buell XB12R:リヤブレーキを改変する その3

Brembo2_2中間結果。

100点満点中、10点のリヤブレーキが30点くらいにはなった感じ。良くはなっているものの、合格点を大きく下回っている感じは否めず。
この改造に着手した目的に沿った結果は出ているものの、これではちょっと人には勧められない。結論から言うと、ビューエルのリヤブレーキはペダルのレバー比がおかしいのだ!要は、押し過ぎ。これを改善するためにはプッシュロッドの取り出しをもう少し内側に入れてレバー比を大きく取り直さないといけないのだが、そのためにはマスターの取付角度も触る必要があり、中間にサポートを入れて筒体を傾けるかステッププレートを作り直すかしないといけない...

なので、ノーマルステップでの改変はこのレベルで終了として、抜本的に直すためにステップを社外品に変えることにしました。
注文はしてあるので、商品が届いたら作業を再開します。

| | コメント (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »