« Buell XB12R:ECU再セットアップ 実質その3 | トップページ | セルスター製レーダー探知機の突然死問題(2014年10月) »

バンディット改:ヨシムラ チタンサイクロン

Cyclone0アベノミクスのおかげ?ちょっと臨時収入があったので、思い切って購入しました。待つこと3週間...


Cyclone2ヨシムラさんとこのチタンサイクロンです!
以前組んだDelkevic製のエキパイとは違って、サクッと組めて、問題一切無しです。安心の日本製だもんね...
スタッドボルトが熱で二本ほど逝ってたので、そちらの修正もやりつつではありましたが、2時間ほどで装着できました。

肝心の音と性能ですが、
アイドリング近辺ではDelkevicのスリップオンと大差無いです。値段は5倍ほど違うので、ちょっと拍子抜けですが...でも実際に走ってみると印象は一変します。


Cyclone3まず、軽い!車重もですけど、エンジンのピックアップもノーマルやスリップオンとは比較になりません。それでいてアフターファイヤもほとんど出ない。ポン付けでここまでのセットアップが出ているのは驚きです。
で、5,000rpmを超える辺りからのパワーの盛り上がりは、かなり気持ちイイです。以前以上に自制心が要る乗り物になった感はありますが、パワーバンドに入った時の気持ち良さは、ちょっと癖になりそう。

30分も走ると、チタン独特の色に焼けてきました。ある程度焼けるまでは、焼きムラを作らないよう注意しないと。

|

« Buell XB12R:ECU再セットアップ 実質その3 | トップページ | セルスター製レーダー探知機の突然死問題(2014年10月) »

大きいバイク④ Bandit 1200S」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Buell XB12R:ECU再セットアップ 実質その3 | トップページ | セルスター製レーダー探知機の突然死問題(2014年10月) »