« バンディット改:ヨシムラ チタンサイクロン | トップページ | 冬眠中 »

セルスター製レーダー探知機の突然死問題(2014年10月)

Cellstar

車で使ってるセルスター製のレーダー探知機が突然動作しなくなりました(2014年5月購入のVA-548R)。
GPS衛星を一切検知しなくなり、結果全ての機能が動作しません。

故障?と思ったけど、ググってみたらリコールが出てました。
先月から発生中の大規模な太陽フレアの影響だとか。同業のユピテル・コムテック製品にも同じような不具合が発生してますが、こちらの説明は「衛星のルートが変わり、それでGPS信号が拾えなくなったための不具合」だと。衛星のルート変更が太陽フレアへの対応だとすれば同じ原因か。でもセルスターの説明の方が言い訳がましいな...

リコールの内容はGPSエンジンの書き換えで、「症状が出ているお客様のみ無償修理の対象」だそうです。...ちょっと待って!この現象って、使ってる地域で差があるだろうから、症状が出てない個体はごまかしちゃえ、って思ってない?その個体を問題が出ている地域に持って行くと症状出るよね?長距離のドライブ先で突然フリーズするリスクは無視か...なんか企業のモラルに難ありな感じだわ...

で、セルスター、リコール修理なのに送料はコッチ持ち。普通の保証修理でもこの会社はそうみたい。保証書の有無に関わらず送料はお客様持ちです、ってHPにありますな。でも、このケースはどうなのよ?
ちなみにユピテルもコムテックも、ユーザー自身によるファームウエアアップデートで今回の不具合を回避可能。セルスターのは修理に出さないとGPSファームの書き換えができないのだね。今回のは、言ってしまえば、セルスターの製品設計の不測の事態に対する許容度が他社よりも狭かった事が招いた結果なので、それによってユーザーに余分な出費を強いてしまっている今の状況、印象が悪いです。

私はオンボードのスピードメーターとしても使ってて、無いと困るから修理に出すけど、次からセルスター製はもう選ばないなぁ。

|

« バンディット改:ヨシムラ チタンサイクロン | トップページ | 冬眠中 »

カスタムパーツあれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バンディット改:ヨシムラ チタンサイクロン | トップページ | 冬眠中 »