« Bandit1200S:エンジン外観の手直し その2 | トップページ | Bandit1200S:エンジン外観の手直し その3 »

KSR110:HID装着のための全波整流化手順

ヘッドランプが激暗のKSR110
我がKSRはソコソコ以上にスピードが出るんで、現在の行燈ヘッドランプでは夜間走行がアブナイ。しかし、そもそも発電系が激ショボなのが原因なので、ワット数の大きなバルブを持って来たところで、バッテリーが上がるだけで明るくはなりません。

夏休みにバンコクからH4仕様のヘッドランプ&カウルを買ってきましたんで、この機会に整流方式を全波整流に改造し、発電量を倍増させて中華な激安HIDを組んじゃいます。


Hidそもそものキッカケはコイツです。ネット通販で入手した「バイク用25W HIDシステム・H4/PH7/PH8 Hi/Loスイング式」。2,500円。や...安い。
KSRのノーマルが25W/25Wなので、25Wシステムなら大丈夫だろう...と踏んだのですが、それが甘かった。
まともに点灯しませんし(外部から補助電源をかましてやっと点灯)、Hi/Lo切替が全く動かず。しかし、それはコイツが不良品だからではなくて、KSRの発電&整流方式の方に原因があるのです
詳しく書くとそれだけでレポート数枚になっちゃうんで興味のある方はググって下さい、という事にしますが、KSRは古い小排気量車に多い「半波整流」という方式を採用しています。レギュレータ&レクチファイヤを経由させるのは消費電力の大きなヘッドランプ&テールランプ(ポジション)のみで、その他の電装品はバッテリーに直結されています。で、そのレギュレータは交流で発電された電力の波形の半分しか使わず、残り半分をアースに落として捨てているんです。なので、レギュレータから出力される電流はバッテリーの状態に左右されない代わりに波形が荒くて量も少ない、というわけ。シングルバルブHIDのHi/Lo切替はノーマル配線のHi/Lo入力に応じてバルブ位置を変化させるシステムなんだけど、これが半波電流だと動作しないんですヨ。

KSR110も日本国内での販売が終わり、ネット上の情報が減ってきました。全波化に当たっては、ワタシも情報が足りなくて、結局自力で配線図とにらめっこしながら作業しました。せっかくなんで、記事を上げておきます。

<必要なもの>
・コイルカバーガスケット、液体ガスケット(ハーネス取出し部のダンパーゴム固定用)
・全波交流用(4極)レギュレータレクチファイヤ(ホンダ用推奨、私はヤフオクの安い中華品を使用)
・ケーブル圧着チューブ&絶縁用熱収縮チューブ
・それなりの知識と根気
以上!ワタシのケースだと、総額2,000円弱。意外に安くできるものなんです。


Coil1まずはコイルカバーを外して...ノーマルのコイルには裏側に配線が2か所ネジ止めされています。コレは、
①白:コイル巻き始め=交流出力1
②黄:コイル途中から分岐=ライティング系用の交流出力

となっています。全波交流化するなら②は使いませんので、黄色の配線はコイルから取り外します。

そして、コイル巻き終わり部分。半波仕様では、ココはアースに落ちています(写真の赤丸部分)が、ココを切り離して「交流出力2」として利用します。カシメを外すか、ニッパーで切っちゃいます。


Coil2切り離した「コイル巻き終わり部分」から新たな配線を引っ張るんですが、今回は、先ほど取り外した黄色の配線を、エンジン外のコネクタ部分まで再利用することにします(ケースからの取出し部の加工が面倒なので)。

外した黄色ハーネスの丸端子を剥き線にして、圧着端子でコイル端末と接続。


Coil5不用意に他のコイルに接触して通電することがないよう、熱収縮チューブで絶縁します。コイル側の作業はコレで完了。ケースを元に戻します。

これで、黄色のハーネスは、「ライティング系交流出力線」から「交流出力2(白の交流出力1とは逆位相)」に変わりました。
ノーマルの黄色ハーネスは、エンジンから出た後、半波整流用レギュレータとアースに分岐しています。この回路はもう使いませんので、エンジン外の最初のコネクタ時点から黄色線を切ってしまいましょう。そうしないと電装品が壊れますヨ、マジで。


Coil6レギュレータはタンク裏、フレーム右側にあります。これを全波仕様レギュレータに交換し、ノーマルのレギュレータ配線+先ほど作成した新配線「交流出力2」で配線し直します。

写真のシルバーの方がノーマル。ノーマル配線は以下の通り。
①白=DC出力+
②黒/黄=アース
③白/赤=交流入力1(コイル内の白の延長)
④黄=ライティング系の入力線、もう使わない

④を新しい「交流出力2」と置き換えて接続します。
③がトリッキーで悩ましかったヨ...なんでコイルの配線色を「白/赤」にしていないのかな~?何か理由があるのだろうか...


ちなみに中華レギュレーターの配線色も参考までに。
①赤=DC出力+
②緑=アース
③④ピンク・黄=交流入力 位相が逆になるだけなので、どちらを繋いでもOK


Coil7黄色のライティング系の回路を捨ててしまっているので、ここまでの状態ではライト系に電源が入りません。
やり方は多様にあるのですが、ワタシのケースではキルSWの回路からバッテリー電源を取りました。

同じくフレーム右側の緑のコネクタにキルSWの配線が居ますので、ココを分岐させます。緑/白がキー&SW連動のDC+です。
ココから分岐させた線を、左SWから来ている配線の、元の黄色ハーネスと繋がっていた線に入れてやればライト系に電源が入ります。

このやり方では、キルSWをOFFにするとヘッドランプとテールランプ(ポジション)が消灯します。また、ヘッドランプがバッテリー直結となりますので、これまではエンジンが掛からないとヘッドランプ系が点灯しませんでしたが、キーONで点灯するようになります。なので、不用意にワット数が大きなバルブなどを繋ぐと電装系が正常に動作しなくなります。ヘッドランプには別配線を引いて回路中にリレーを入れ直した方が無難です(私はそうしました)。




Hid_flashこのやり方で、HIDは無事に点灯。Hi/Lo切替も正常に動作しました。やったぁ!

今のところは問題無いようですけど、しばらく様子見だな~。
念のためバッテリーを4A-->6A化して備えるつもりです。

|

« Bandit1200S:エンジン外観の手直し その2 | トップページ | Bandit1200S:エンジン外観の手直し その3 »

小さいバイク② KSR110」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、こんにちは。

バンコク KSRで検索して、こちらのブログにたどり着きました。

私は、現在タイに出張に来ており、見事に感化されて
日本でKSRを購入してしまいましたw

突然なんですが、バンコクのKSRのパーツ屋さんは、どのへんにあるか
教えて頂く事は可能でしょうか?


来週バンコクに行く予定なので、私も部品を調達して帰れたらなぁと
目論んでおりますw


教えてばかりで、申し訳ありませんが、よろしければお願いします。


では、失礼します。


タイドラ

投稿: タイドラ | 2012年9月16日 (日) 13時07分

タイドラさん

詳しく書き始めると膨大な量になるので、いくつか代表的なエリアをお教えします。
1)クロントム市場~ヤワラーにかけてのバイク・自動車用品街(ファランポーン駅近く)
2)BTSサパーンクワイ駅周辺のショップ街(ウィークエンドマーケットで有名なモーチット駅前・チャットチャック公園から徒歩圏内)
3)プーンサップマーケット(ドンムアン空港のさらに先 バイクの市場とカー用品の市場、アパレルの市場が離れた場所に混在しているので注意)

観光客が短期滞在で行ける範囲では上記の3つが限界かと思います。
以前はBig-Cやロビンソンなどでもある程度のバイク用品がお手軽に買えたのですが、今年行った時にはすっかり規模縮小してしまってました。

ただ、バンコクの街を眺めていると分かると思いますが、KSRライダーは郊外にはソコソコいますがBKK市内にはあまりいないため、KSR用の部品はどこに行ってもやや少数派の扱いになります。過度に期待して行くと空振りますヨ。

最近日本にも入ってきている「BIKERS」のショップは2)にあります。ココならば新旧のKSR用のパーツを常に店頭に在庫しています。
3)は結構面白い場所なんですけど、いかんせん市内からは遠いです。BKK中心部からだとクルマで片道1時間近くかかってしまいますので、タクシーの運ちゃんがイイ顔をしません。あちらの駐在さんに送り迎えを頼めるならば行ってみる価値ありです。なお、どこに行くにしても、タイの用品屋はカウンターで欲しいモノを伝えて奥から出してきてもらうシステムなので、ある程度はタイ語が必要になってきます。英語は絶望的に通じません。現地人にいくつかキーワードをタイ語でメモに書き出してもらって持っておくといいでしょう。

あとはGoogle先生の力を借りて下さい...

投稿: かっちゃん(管理人) | 2012年9月16日 (日) 16時35分

詳しいお返事ありがとうございます。

色んなお店があるんですね^^

メモして行きたいと思います。

一緒に行く人が、車有りタイ語OKの人ですが
遠いとなるとちょっと気がひけますね。。。


あと、奥から出してもらうのは想定外でした!


雰囲気で手に取って見たりしたかったんですが。。。


バンセーンにもKSR専門店が有るようなので
ちょっと調べてもらうよう、お願いしてます。


ヤフオクのSIAMさんでも安く調達できそうですね^^

結構ウォッチには入れてますw

また何かあったらよろしくお願いします。


タイドラ


投稿: タイドラ | 2012年9月16日 (日) 17時54分

タイドラさん

一点修正です。BIKERSの店舗は2)ではなくて1)のクロントム市場にあります。

バンセンは商業地ではないので、あまり期待できないのでは?と思いますけど...バンセンやパタヤ周辺でバイク用品を買い出す話はあまり聞いたことがないんです。なにか穴場でもあるようでしたら私にも教えて下さい。

投稿: かっちゃん(管理人) | 2012年9月16日 (日) 23時55分

お返事ありがとうございます。

BIKERSの店は行ってみたいですね!

私は来てまだ日が浅いので、土地勘が全然無いのでわかりませんが
バンセーンにKSRの専門店があるみたいです。

http://greenlifesriracha.at.webry.info/201010/article_2.html

こちらのブログに載ってます。

このブログの管理人さんとは2,3言話したぐらいの仲なので
このアパートの住人の他の人に聞いてもらってます^^

かっちゃんさんから、直接聞いてもらった方が
場所とかの雰囲気も掴めるかもしれませんね(^0^)


投稿: タイドラ | 2012年9月18日 (火) 09時45分

かっちゃんさん、こんにちは^^

昨日バンコクにて、無事パーツゲットできました!

教えて頂いた情報が、すごく役に立ちました^^


ありがとうございました。


結局バイカーズ店舗に絞って連れていってもらいました^^

連れていってくれた人の運ちゃんが、何度も道を尋ねながら
この辺との事で探しながら進みましたが
すごい都会っぽい感じをイメージしてたので
なんだここは!って感じの中無事発見しました^^

店舗に入ると、日本人が仕入れに来たと思われたか
すごく優しく相手してくれて、色々買い物できました。

私のKSRは80の旧型なので、合いそうな部品を見ながら
あとは、冒険で何個か買いました。

最後に値切りましたがダメで、変わりにキーホルダーと
ステッカーを頂きました^^

いい買い物ができました^^


この度はありがとうございました!

投稿: タイドラ | 2012年9月23日 (日) 12時19分

タイドラさん

それはよかったです。クロントム市場は別名「泥棒市場」というくらいで(泥棒が出るというわけでなく、その辺で盗んできたものを売ってないか?というくらい何でもアリな市場だという意味から)、BIKERSの店舗はそんな中で別格的にキレイな店ですよね。スタッフさんたちも皆親切ですし。

次回はぜひ、プーンサップなどローカルな市場に行ってみて下さい。バンセーンは私なりに今調べてます。

投稿: かっちゃ | 2012年9月23日 (日) 23時41分

こんにちは、お久しぶりです。

近況報告ですが。。。

カスタムシートが欲しくて、会社でKSRをイジってるタイのコに
お願いして、買ってきてもらいました。

チョンブリにKSRのショップがあるみたいです。


http://www.ksrthailand.com/board10/index.php?topic=353.0

もうご存知でしたらすみませんが、一応情報までに。。。

そろそろ帰国ですが、荷物が増えて大変ですw


それでは、また。


投稿: タイドラ | 2012年10月 1日 (月) 12時33分

タイドラさん

有意義なご旅行だったようで何よりです。
教えて頂いたショップは、私も次回の訪タイ時に覗いて来ようかと思います。

投稿: かっちゃん(管理人) | 2012年10月 8日 (月) 22時38分

6年後に失礼します。
質問ですが切ってしまうボディ側のライディング系交流出力線を切らずにバッテリーの+端子に接続すれば結局KSRの電装品は直流なので簡単に対応できるのでは?
ライトとテールランプにはスイッチを付けた上でですが
その場合でも電送品は壊れてしまいますか?
例えば、キルスイッチをリレーの電源にしてライディング線をリレーを介してバッテリー+に接続など

投稿: しろ。 | 2018年6月15日 (金) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Bandit1200S:エンジン外観の手直し その2 | トップページ | Bandit1200S:エンジン外観の手直し その3 »