« Bandit1200S:エンジン外観の手直し その1 | トップページ | KSR110:HID装着のための全波整流化手順 »

Bandit1200S:エンジン外観の手直し その2

エンジン外観手直しの、その2。

腰上を艶消し黒に塗装して、中古車としての価値がちょっとだけ回復した我がバンディット。
お次はカバー類の外観アップを検討します。

GSX-R系と違って「空冷風外観」に重きが置かれているバンディット。シグナルジェネレータ・クラッチ・スターターギアカバーの3点がアルマイトシルバーになっています。これらも若干表面に腐食が発生、さらにワタシのは左側に転倒歴あり、スターターギアカバーには薄い傷が入っています。
最終的には腰上に同じく艶消し黒にしようと思っていますが、その前にちょっと試したいものがあるんで脱線します。


Delk01DELKEVIC製のスターターギアカバー&シグナルジェネレーターカバーです。
DELKEVICは、カスタムマフラー以外にも、ノーマル代替え品としての安価なリプレイス品をリリースしているんですヨ。Bandit用には、確認している限り、エキパイ/ホイール/ステッププレート/スターターギアカバー/シグナルジェネレータカバーがラインナップされてます。

エキパイは過去記事で紹介済...精度がイマイチで2番・3番の収まりが悪く、排気漏れが治まらないので途中でノーマルに戻しちゃいましたが。
ノーマルのアルマイトに比べてメッキ感が強く、キレイ。ただ、面精度はガタガタ。でも...ひたすら安い。今回もかなり安く入手できたので、ノーマルカバーを塗装している間に試してみようと思った次第です。


Delk03サクッと装着。
こちら、スターターカバー側。
うーん...思った以上に、面がガタガタです。これはヒドイ。ノーマルよりギラッと光るのはイイんですが、それだけに面の平滑度が出ていないのもえらく目立ちます。

装着に際して...内部のボスの類も精度がイマイチ。ノックピンもスッと入らず、取り付け時の締め付けでピンを押し込むような格好で何とか挿入。幸いオイル漏れはしていません。そこまで悪くはない模様。


Delk02コチラはシグナルジェネレーターカバー。
こっちはまぁ許容範囲かな?取り付けも問題なく、すんなり付きました。

なお、どちらのカバーにも、DELKEVIC製にはメーカーロゴが入っておりません。


この状態でしばらく乗っておりましたところ、暖機後のセル始動時にギア滑り・ギア鳴りが発生するようになってしまいました。スターターギアカバーをノーマルに戻したところ、この症状は治まり元通りに。原因はもしかするとギア周辺のオイルのエア噛みだったかも知れませんが、まぁ状況からすれば、このカバーを疑うのが普通でしょうね。(カバー裏にギアシャフトのホルダーがあるんだが、この部位の精度に難があるものと推測)

今回の結論。シグナルジェネレータカバーは買ってもいいかな。スターターギアカバーは止めとけ。50点。


Step_plateちなみにコチラがDELKEVIC製のステッププレート
実はもう使ってます。今回のカバーと同じく面はガタガタですが、まあキレイ。ノーマルより印象はイイです。そして安い。ただ、取り付けには若干コツが要ります(ノーマルのラバーマウントの流用がちと難しい)。


余談だが。
最近、我がブログはアクセス数がえらい増えてるのですよ。特にDELKEVIC関連のキーワードの検索でお越し頂いている方が多いみたい。そしたらどうもね、某巨大掲示板に直リン貼られてるんですな。
該当する板に行ってみたが、Banditなんて古いモデルで中古も安いせいか、知識のあるヒトとそうでないヒトの差が激しいのですよ。んで、後者のヒトの「知ったか」がまたスゴいんだ。
「DELKEVICのエキパイの収まりが悪い」っていうワタシの記事に対して、「社外エキパイは精度が出ていないのが普通なので、紙ガスケットを切って重ねて高さを合わせるのが常識」だそうだ。紙ガスケット...常識...いやね、Exポート直後の排気温度と排気圧力がどんなもんか知ってる?とかね...普通はエキパイ精度は集合部で辻褄を...いや、マジレスは止めときましょう。でもねー、日頃から、知らない事は素直に認めて、体験を伴った他人の教えを頂いた方が幸せになれますよ。でもこの板、けっこう詳しい人もまだ残っているみたいなので、今後もちょこちょこ覗いてみようかな。

ちょっと脱線。その3に続く。

|

« Bandit1200S:エンジン外観の手直し その1 | トップページ | KSR110:HID装着のための全波整流化手順 »

大きいバイク④ Bandit 1200S」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
私は1995のGSF1200に載っています。
エンジンの塗装の剥がれが酷くなってきまして、情報を探してまして、こちらに辿りつきました。
去年までは綺麗な状態でしたが今年に入って一気に塗装の粗が出てきました。

バンディット系は意外と載ってる方が多いので検索対象に上がってくるのでしょうね。
社外部品の制度の粗さは国内と国外だと結構違いがありそうですね。

ご自分でメンテもしないのに誤情報を発信してる、知ったかの方も多いのは仕方ないですね。
お察しします。

投稿: みや | 2015年10月24日 (土) 09時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Bandit1200S:エンジン外観の手直し その1 | トップページ | KSR110:HID装着のための全波整流化手順 »