« 超小型PC「ZOTAC ZBOX nano AD-10」 その② | トップページ | バイクで使えるポータブルナビはドレだ? »

超小型PC「ZOTAC ZBOX nano AD-10」 その③

最大の難関、AMD用AHCIドライバの当て方。

①ZOTACのHPから、ZBOX nano AD10用のAMD AHCIドライバをダウンロードし、分かりやすい場所に解凍しておきます。

②レジストリエディターで以下の手順を踏みます。
HKEY_LOCAL_MACHINE→System→CurrentControlSet→Services→msahci
と進んで、msahciの値を編集。
デフォルトだと「3」になっている(=IDEモード)ので、ココを「0」(=AHCIモード)に書き換えてやる

「有効にするには再起動しろ」と言ってくるけど、しません。(重要)
この時点ではMicrosoft製のAHCIドライバが当たった状態になっていて、ココで再起動をかけてしまうとAMD製チップセットが動作せず、「Windowsを起動しています」の画面の所で再起動を繰り返すことになってしまいます。万が一、やっちゃった場合はBIOSメニューで起動モードを「ネイティブIDE」に書き換えて②からやり直しです。

Ahci1「コンピュータの管理」→「デバイスマネージャ」と開いていくと、「IDE ATA/ATAPIコントローラー」の所に「Standard AHCI Serial ATA Controller」というのが出現しています。(②の手順で有効化したMicrosoft製の標準AHCIドライバ)
こいつを、①でダウンロードしたAMD製ドライバに置き換えてやります。


Ahci2_3プロパティ→ドライバの詳細で入り、「手動でコンピュータ内を検索」を選び、①でダウンロードしておいたドライバが格納されているフォルダを指定してやると、後は自動で走ります。


Ahci4無事にドライバが当たった状態。
AMD用ドライバは、「IDE ATA/ATAPIコントローラー」ではなくて、「記憶域コントローラ」の所に入ります。
ここまでできたら、再起動してOK。念のため、BIOSメニューでもAHCIモードに変わっている事を確認すると良いでしょう。


ワタシの環境下では、エクスペリエンススコア上のHDD転送速度の数値は変わりませんでしたが(SATA-HDDなんで)、システム全体としての通信速度が改善するのか、グラフィックのスコアが0.1好転しました。

この話は以上でだいたい、おしまい。
コメント欄に質問されても、よっぽど気が向かない限りはお返事しませんのであしからず。ワタシでなくてGoogle先生に聞いて下さい...
BIOSとレジストリの編集は自己責任でお願いしますね!!!

|

« 超小型PC「ZOTAC ZBOX nano AD-10」 その② | トップページ | バイクで使えるポータブルナビはドレだ? »

のりもの以外のアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 超小型PC「ZOTAC ZBOX nano AD-10」 その② | トップページ | バイクで使えるポータブルナビはドレだ? »